兵庫区神戸松田歯科のインプラント治療

神戸インプラントセンター

神戸インプラントセンター

こちらはインプラント専門のホームページです。
治療内容やインプラントの知識、最新設備や歯科医師紹介など、インプラント治療に関する情報をまとめて掲載しています。

専門ドクターによるインプラント無料電話相談

只今、神戸インプラントセンターにて【無料ドクター電話相談】を実施しています。
インプラントに関する疑問や質問、ご相談などお気軽にご連絡下さい。

インプラント相談電話をかける

総合受付にて【①番 電話相談】とお伝え下さい。
当院の歯科医師(10名在籍)がご対応させていただきます。

よくある質問インプラントQ&A

患者様からよくある質問をこちらにまとめました。

インプラント治療でよくある質問集はこちら

インプラント治療について

インプラント治療で作られた歯は第二の永久歯とも呼ばれ、見た目も噛み心地も自然です。

顎の骨に人工歯根となる金属を埋め、その金属を土台にして、人工歯を被せます。
インプラントは人体との親和性が高いチタン製なので、金属アレルギーの方も安心です。
インプラントと顎の骨がしっかり結合すれば、その上に人工歯を被せることができます。

これまでの入れ歯では難しかった「自分の歯のように噛める」という機能性が回復します。
また、インプラントの外科処置による痛みや不安を和らげる為に、IVS静脈内鎮静法という手法を必要に応じて用いています。

IVS静脈内鎮静法について詳しくはこちらをご覧ください。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の種類

前歯を1本失った場合

従来の治療法(ブリッジ)

両側の健康な歯を削る必要があります。
インプラントブリッジについてはこちらをご覧ください。

ブリッジ治療

インプラント治療の場合

インプラント治療

健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。
抜歯と同時にインプラントを埋入する、即時埋入法という治療法もあります。
即時埋入法・即時負荷法について詳しくはこちらをご覧ください。

インプラント症例 CASE.01

インプラント治療中

右下の奥から2番目の歯をインプラントしました。
ブリッジの場合は前後の健康な自然歯を削る事になります。

インプラント治療後

治療後:両隣の歯は削らず健康のままで、機能的にも、審美的にも、まさに第二の永久歯です。

前歯部の詳細症例はこちらでご覧ください。

小臼歯の詳細症例はこちらでご覧ください。

奥歯を失った場合

従来の治療法(部分入れ歯)

部分入れ歯

金属の止め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。
かたいものが安心して食べられません。

インプラント治療

奥歯インプラント治療

止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。
しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。

インプラント症例 CASE.02

治療前:奥歯の上下2~3本失って、うまく咬めない状態です。

治療前

治療後:奥歯でしっかり咬めるようになりました。

インプラント治療後

全ての歯を失った場合

従来の治療法(総入れ歯)

総入れ歯

ガタつきがあると安心して食事ができません。
入れ歯がずれたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。

総入れ歯にも、顎骨や筋肉の動きなど何十種類のデータを反映させた精密入れ歯「BPS」と呼ばれるものもあります。
精密入れ歯BPSについて詳しくはこちらをご覧ください。

インプラント治療

オールオン4・6

数本のインプラントを入れて、その上は全て人工歯で固定しますので、取り外しも不要です。
オールオン4、オールオン6と呼ばれる治療法です。
オールオン4、オールオン6について詳しくはこちらをご覧ください。

インプラント症例 CASE.03

オーバーデンチャー

・入れ歯は入れたくないということで、全く歯がない歯ぐきにインプラントを9本入れました。

オーバーデンチャーオールオン4・6

・固定されており、取り外し不要で、咬み心地は快適です。
お手入れも天然歯同様に行います。

総入れ歯が安定しない場合

従来の治療法(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)

総入れ歯

入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。
総入れ歯の場合、顎の骨がやせて入れ歯が合わなくなることがあります。

インプラント治療

インプラントドルダーバーオーバーデンチャー

入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。
インプラントオーバーデンチャーと呼ばれる治療法です。
インプラントオーバーデンチャーについて詳しくはこちらをご覧ください。

インプラント症例 CASE.04

治療前:ほとんどの歯がグラグラして咬めない状態です。

治療前
入れ歯もできれば、上下共は入れたくないと言う方です。

インプラントオーバーデンチャー

治療後:どうしても残せない歯は抜くことになりましたが、以前とは違い咬めるようになり、体の調子も良くなりました。

インプラント症例 CASE.05

インプラント(ドルダーバー)を使用した義歯により、しっかり固定された入れ歯を作成する方法です。

インプラント固定ドルダーバー

・2~4本のインプラントを立てて、それを円柱の棒でつなげます。

インプラント固定ドルダーバー総入れ歯

・円柱の棒にはまるように入れ歯の中にクリップを仕組みます。

インプラント固定ドルダーバー治療後

・インプラントとクリップが合うように装着します。
そうすることで入れ歯が外れたり、ガタついたりすることなく口元に安心感が持てます。

ページ上まで戻る

【ご予約・ご質問はこちら】
神戸松田歯科 受付

078-681-0418

歯科治療項目
最新設備
来院理由ランキング
求人募集
ブログ
サイトマップ

関連サイトのご紹介
神戸歯周病治療センター
神戸インプラントセンター
神戸入れ歯義歯専門
神戸矯正審美歯科