CTレントゲン

断層撮影法3Dレントゲン【最新CT】

3D立体パソコンシュミレーション

現在の最先端医療に欠かすことの出来ないCT(Computed tomography)

輪切りにするという表現が良く耳にしますが、断層撮影をするレントゲンになります。

そして、あらゆる断層撮影写真を合わせ、コンピューター処理をすることで、立体映像として見ることが出来るのです。

CTでの骨格や口腔内の立体映像が見られるようになり、そしてその映像を立体での手術シュミレーションがパソコンで出来るようになりました。

これら最先端医療の発展により、現在はメスで切開しない手術も可能です。

神戸松田歯科医院では、この最先端技術と設備も導入しています。

CTでの放射能被曝について

通常の医療用CTはファンビーム方式のものが主体で、カメラが体の周りをらせん状に回りながら撮影します。

一方、歯科用CTはコーンビーム方式と呼ばれるもので、円錐状のビームが体を1回転するだけで撮影が完了します。

歯科用CTのメリットは高画質であり、何より被曝量が少ないことです。
通常の医療用CTと比べると、10倍以上の差があると言われています。
飛行機での被曝量と比べると、東京ーニューヨーク間で約0.2シーベルトの放射能を浴びますが、歯科用CTは1回の撮影で0.069シーベルトになります。

最新設備一覧ページはこちら


ページ上まで戻る

【ご予約・ご質問はこちら】
神戸松田歯科 受付

078-681-0418

歯科治療項目
最新設備
来院理由ランキング
求人募集
ブログ
サイトマップ

関連サイトのご紹介
神戸歯周病治療センター
神戸インプラントセンター
神戸入れ歯義歯専門
神戸矯正審美歯科